オンラインゲームの普及

今の時代、家にいるだけでなく外出先でもゲームが楽しめるようになっているが、これはオンラインゲームが普及されたことが原因であるといえる。
例えば、スマートフォンを使って仕事の休憩時や電車などで移動している最中の空き時間を使ってゲームを楽しむビジネスマンもよく見られるようになった。

オンラインゲームアプリ

スマートフォンでオンラインゲームのアプリが人気だが、その中で最近多いのがカードゲーム型のオンラインゲームアプリである。
実際にカードゲームのようにキャラクターや芸能人がデザインされており、それをゲームの中で集めて対戦やトレーディングをして楽しむものである。
カードゲームもオンライン化が進んだことで、年齢に関係なく多く人をプレイヤーとして企業が獲得することに成功しているのである。

大人でも楽しめる

大人になってカードゲームで遊ぶということに抵抗のある人や周りからの目線が気になる人も多いため、大人でも楽しめるゲーム作りが最近コンセプトとなることが増えてきている。これならばわざわざ店舗で購入する必要もなく、また仕事などで収入がある大人がユーザーとなれば企業からすればそれだけ利益を確保出来るのである。
そのためゲーム系のアプリにはほとんどと言っていいほど課金サービスが導入されており、お金をかければかけるほど遊ぶ際に多くのサービスを受けることが出来るようにしてあることで、オンラインゲームをプレイするユーザーにお金を使わせるという戦略を企業が行うようになった。
このことに関しては何かと問題視されることも多く、賛否両論ではあるが、課金すればするほどアプリが充実することは事実であるため、ゲームも子供向けではなく大人向けで開発されることが多くなった。
経営難だった状況からこの戦略により立て直された企業は実際多いのも事実である。

そうした中で目立つカードゲーム型のものであるが、まずカードゲームのモデルに人気のあるアイドルや歴史上の人物を使うことで、まずそのファンは普段オンラインゲームをしなくともアプリをダウンロードする。
しかし、それがきっかけとなり他のゲームの存在やそのアプリを制作した企業の存在を認識するため、企業にとっては大きな結果を見込めるものなのである。
そもそもアプリという簡単にインストールしやすい媒体を使うことでオンラインゲームは広まるため、企業も試行錯誤した上で課金サービスや有名人起用をしている。そうしなければゲームをプレイするユーザーが確保できないほど厳しい業界であったということも考えられる。